雑誌掲載のご報告

&Premium 12月号
マガジンハウス
北欧家具taloのお店が
紹介されました



北欧雑貨と暮らす no.11
ネコ・パブリッシング
北欧家具taloのお店が
紹介されました


Pen Online
#23 倉庫で探す、
古き良きスタンダード
DCCメディアハウス
北欧家具taloのお店が
紹介されました


 




※このイベントは終了しました
「ヨハンナ・グリクセンのある暮らし」
10月28日
(土)〜11月5日(日)
渋谷『Haus&terrasse』にて開催


フィンランドを代表するテキスタイルデザイナー、ヨハンナ・グリクセンの代名詞ともいえる幾何学模様のテキスタイル、ノルマンディ コレクションが本年、生誕 20 周年を迎えました。この節目は、本コレクションを一緒につくりあげてきたクラフトマンとファンへの 感謝の気持ちを表現出来る機会でもあると捉えています。本国のフラッグシップショップさながらに、JOHANNA GULLICHSEN Pop-Up Store が登場する他、ヨハンナ自身がプロデュースするリビング空間、デザインとものづくりの背景を紹介するインスタレーション、トークイベントやワークショップなど「ヨハンナ・グリクセンのある暮らし」をご体感いただける機会です。また本会期にあわせて、生誕20周年を記念して制作された新作テキスタイル "Oceanide"(オセアニード)も発表致します。ヨハンナは自宅でも使うほどビンテージ家具が好きで、自身の作品とAlvar Aaltoのビンテージ家具とのインテリアコーディネイトを楽しんでいます。北欧家具taloでは、会期中ヨハンナがプロデュースする空間へ、Alvar Aaltoのビンテージ家具を提供致します。



Haus&terrasse
東京都渋谷区1-20-3
tel:03-6427-5705
http://def-company.co.jp/hausandterrasse



Johanna Gullichsen(ヨハンナ・グリクセン)

フィンランドを代表するテキスタイルブランド、ヨハンナ・グリクセン。独特なパターンとカラーバリエーションで展開される幾何学模様。これらは、プリントによるものではなく、フィンランドの伝統的な手法により織られた織布です。その人気はヨーロッパだけでなく、日本においても絶大なる高い評価を得ています。




Johanna Gullichsen
1986年からテキスタイルデザイナーとして活躍しているヨハンナ・グリクセン。彼女のデザインの軸になるものは、フィンランドのルーツ伝統を現代の目から見たモダンとの組み合わせを結合させることにあります。伝統的な織物の技巧によって織られるファブリックの素材は天然でハイクオリティーなコットン、リネン、ウールなどが使用されています。常にハンドウェービングにこだわり続け生み出せる独特な幾何学模様のデザインはさまざまな用途でヨーロッパを中心に使用されています。



北欧家具taloは会期中、Haus&terrasseさんにてAlvar Aaltoビンテージチェア(Johanna Version)
販売します。

会期中ヨハンナ・グリクセンにちなんだ商品をtaloでご用意しております。1960〜70年代のAlvar Aaltoビンテージチェアにヨハンナ・グリクセンのファブリックで座面を張替えた、スペシャルバージョンを販売いたします。ぜひ会場にて実物をご覧ください。また、taloウェブサイトでも販売を予定しております。この機会にぜひヨハンナ・グリクセンの世界観をお楽しみください。




【Alvar Aalto ビンテージno.69チェア×ヨハンナ・グリクセン】
http://www.talo.tv/shopdetail/000000008614

【デンマーク製 ビンテージ ダイニングチェア×ヨハンナ・グリクセン】
http://www.talo.tv/shopdetail/000000008616

http://www.talo.tv/shopdetail/000000008623




北欧家具talo
北欧家具talo