雑誌掲載&撮影のご報告

Casa BRUTUS
名作椅子と暮らす。
マガジンハウス
北欧家具taloのAlvar Aalto
ヴィンテージスツールが
紹介されました



めがねとかもめと北欧暮らし
宝島社
北欧家具taloのお店と商品が
紹介されました




Creator's Relaxing Room
トーソー出版
北欧家具taloのお店が
紹介されました




Pen Online
#23 倉庫で探す、
古き良きスタンダード
DCCメディアハウス
北欧家具taloのお店が
紹介されました


 



カイ・フランクへの旅」
書籍発売のお知らせ



このたび、taloオーナーの友人であり、スキャンデックスでクリエイティブ ディレクターを務める小西亜希子氏による著書「カイ・フランクへの旅 "フィンランドデザインの良心"の軌跡をめぐる」が、フィンランド独立記念日の12月6日(水)より発売されました。今日に続くフィンランド・デザインの礎を作り、1950〜60年代の黄金期を支えたプロダクトデザイナー、カイ・フランク。彼がデザインしたシンプルで機能的、丈夫で手頃な価格のテーブルウェアは、イッタラ「ティーマ」や「カルティオ」として、発表か60年以上を経た今もなお、世界中で愛されています。そんなレジェンドの知られざる仕事や人生、素顔を、丁寧な取材と貴重な写真の数々によりひもといてゆくデザイン紀行です。日本にもファンが多いにも関わらず、これまでなかったカイ・フランクを掘り下げた本です。カイ・フランクの友人でありコレクターのタウノ・タルナ氏による珠玉のコレクションの数々も必見です。taloオーナーへの取材も掲載されており、北欧デザイン、カイ・フランクとの出会いについてお話しています。後世にも残していきたい素晴らしい一冊です。是非お手に取ってみてください。


◆taloオンラインショップからもご購入いただけます
 下記タイトルよりご購入ページへと進めます


カイ・フランクへの旅
"フィンランドデザインの良心"の軌跡をめぐる







発売日:2017年12月6日
価格:3,200円+税
出版社:グラフィック社
著者:小西 亜希子
写真:永禮 賢



-著者について-

小西 亜希子


1975年生まれ。
バンタンデザイン研究所でインテリアディスプレイデザインを学び、
LDK、マシン・エイジを経てイルムスジャパンに入社。
広報、販促、MD、ディレクターなどを担当し、2013年に独立。
以後はスキャンデックスにてクリエイティブ・ディレクター、PR、
広報宣伝全般を担当しているほか、
フグレンが運営するノルウェージャンアイコンズなど
北欧デザインブランドのアドバイザーも務めている。

永禮 賢

1975年生まれ。フォトグラファー。
2009年に友人と(株)FUSEを設立。
作品制作をしながら雑誌・書籍・広告などの分野で国内外で活動。
人物・建築・アート・料理など幅広く撮影している。
写真集に「Bieds of Silence」、「mind encode」。現在、東京都在住。


北欧家具talo
北欧家具talo